ファミリー共有 ― 13歳未満の子どもをグループから削除する方法

スポンサード リンク

「iCloud」の「ファミリー共有」から13歳未満の子どもを削除する方法をご紹介します。

ファミリー共有とは?

「ファミリー共有」は、「iTunes Store」、「iBooks Store」、「App Store」で購入したコンテンツ、カレンダー、写真、家族の居場所を自分を含めた最大6人の家族で共有できる便利な機能です。

「ファミリー共有」では以下の機能を利用することができます。

  1. iTunes Store で購入したコンテンツの共有
  2. iBooks Store で購入したコンテンツの共有
  3. App Store で購入したコンテンツの共有
  4. 「写真」の共有アルバムをシェアする
  5. カレンダーの共有
  6. 「友達を探す」で家族の居場所を共有
  7. 「iPhoneを探す」で家族のデバイス位置を共有

参考:iCloud – ファミリー共有 – Apple

13歳未満の子どもは「ファミリー共有」から削除できない

「ファミリー共有」のメンバーに13歳以下の子どもを追加する場合、保護者が子ども用の「Apple ID」を作成して参加させることができます。

しかし、子ども用の「Apple ID」を作ってはみたものの、結局あまり使わないのでグループから削除したいケースもあるかと思います。

この場合、「iCloud」→「家族」の項目から13歳未満の子どもをメンバーから削除しようとしても削除できません。

「ファミリー共有」には13未満の子どもをメンバーから削除できないルールがあるようです。

13 歳未満のお子様は、家族から削除できません。削除の必要がある場合は、別のファミリー共有グループに移すか、またはお子様の Apple ID を削除することができます。

引用元:ファミリー共有のグループから抜ける – Apple サポート

13歳未満の子どもを「ファミリー共有」から削除する場合、子どもを別の「ファミリー共有」に移動させるか、もしくは子どもの「Apple ID」を削除するかのどちらかの選択肢から選ぶ必要があります。

「Apple ID」を削除する方法

子どもの「Apple ID」を削除する場合、「Apple サポートへのお問い合わせ」から連絡し、オペレーターに電話すれば「Apple ID」を削除してもらえるようですが、ユーザー側の操作だけで「Apple ID」を削除することはできません。

オペレーターに電話するのが面倒だったり、一度「Apple ID」を削除してしまうと、同じ「Apple ID」を2度と使用することができなくなってしまうデメリットもあります。

別の家族の「ファミリー共有」に子どもを移動させる方法

もうひとつの方法として、子どもを別の家族の「ファミリー共有」グループに移動させる方法があります。

一見、この方法が一番自然な解決方法にも思えますが、そもそも自分の周りの家族で「ファミリー共有」を利用している家族がいなかったり、他人の「ファミリー共有」グループに自分の子どもをメンバーとして追加することに心理的な抵抗を感じてしまうこともあるかと思います。

この方法も現実的にはちょっと厳しいような感じもします。

保護者が別の「Apple ID」で作成した「ファミリー共有」に子どもを移動させる

以上に紹介した2つの方法以外にも、もうひとつ解決方法があります。

その方法とは、保護者が別の「Apple ID」を作成し、その「Apple ID」で作成した「ファミリー共有」に、自分の子どもを移動させる方法です。

以下にその手順を解説します。

メインで使用している「Apple ID」と別のアカウントを新規作成する

まず現在使用している「Apple ID」とは別に、もうひとつの「Apple ID」を新規で作成します。

▼iPhoneの「設定」アプリ→「iCloud」→「Apple IDを新規作成」ボタンをタップし、新規の「Apple ID」を作成します(クレジットカード登録必須)。

Apple ID を新規作成する

▼次に、先ほど作成した別の「Apple ID」で「設定」アプリ→「iCloud」にサインインします。

iCloudから家族を選択する

▲「iCloud」→「家族」の順にタップします。

▼「家族を追加」ボタンをタップし、子どもの「Apple ID」のメールアドレスとパスワードを入力します。この操作で、別の「Apple ID」で作った「ファミリー共有」に13歳未満の子どもを移動させることができます。

家族を追加しメールアドレスを入力する

▼すぐに以下のメールが届きます。

子どもの「ファミリー共有」を登録解除し、別の「ファミリー共有」に登録する

▲このメールは、現在の「ファミリー共有」から子どもの登録を解除し、新しく作った「Apple ID」の「ファミリー共有」に子どもを移動させても良いか?を確認する内容となっています。

▼このメールが届いたら、メインで使用している「Apple ID」を使って「iCloud」にサインインし、【登録案内】という項目をタップします。

登録案内ボタンをタップする

▲子どもを別の「Apple ID」で作った「ファミリー共有」に移行させるため「登録する」ボタンをタップします。

以上の作業で、13歳未満の子どもを別の「Apple ID」で作った「ファミリー共有」に移行させることができますよ!

今回のポイント

この記事をまとめると…

「ファミリー共有」に13歳未満の子どもを参加させる場合、一度「ファミリー共有」に追加するとあとで削除できません。

「ファミリー共有」から子どもを別のグループに移動させることは可能ですが、かなり面倒なので事前にしっかりと検討してから「ファミリー共有」に参加させると良いですよ。

またメインとは別に作成した「Apple ID」は、クレジットカード情報が残っているのでセキュアなパスワードでしっかりと管理しましょう。

時々パスワードを変更したり、「2ファクタ認証」で安全に管理しておいたほうが良さそうです。

Mac ―「Apple ID」の2ファクタ認証を有効にする方法

2016.07.19

以上、「iCloud」の「ファミリー共有」から13歳未満の子どもを削除する方法でした。

「iCloud」の情報に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Mac ―「iCloud」の空き容量を増やす方法

2016.08.08
スポンサード リンク