Apple Watch ― 初期設定:iPhone とペアリングする方法

スポンサード リンク

「Apple Watch」をはじめて使う場合、初期設定として最初にiPhoneと連携(ペアリング)する必要があります。

今回は「Apple Watch」と「iPhone」をペアリングする方法をご紹介します。

「Apple Watch」の設定

Apple Watch Series 2」を使って、「iPhone」とペアリングする手順を解説していきます。

▼まず「Apple Watch Series 2」のサイドボタンを押します。

Apple Watch のサイドボタンを押す

▼「Apple Watch」の電源がオンになり、Appleロゴが表示されます。

Apple Watch の画面にロゴが表示される

▼「Apple Watch」で使用する言語を設定します。

日本語を選択する

▼ここでは「日本語」で設定を進めていきます。

チェックボタンをタップする

▼【地域】を「日本」に設定します。

地域を日本に設定する

▼「ペアリングを開始」ボタンをタップします。

Apple Watch のペアリングを開始する

▼しばらく時間が経つと「Apple Watch」の画面にペアリング開始画面が表示されます。

ファインダーにiPhoneのカメラを向ける

「iPhone」の設定

▼つぎに「iPhone」の「Watch」アプリを起動し【マイウォッチ】タブにある「新しいApple Watchとペアリング」をタップします。

Apple WatchにiPhoneのカメラを合わせる

▲続けてiPhoneのカメラ部分に「Apple Watch」を重ねるように合わせます。

▼しばらく時間が経つと「iPhone」と「Apple Watch」のペアリングが完了します。

Apple Watchを装着する腕を決定

▲続けて「Apple Watch」を装着する腕を「左」もしくは「右」から選びます。

▼【利用規約】の「同意する」ボタンをタップし、「Apple ID」のパスワードを入力します。

Pairing apple watch iphone1

▲【共有される設定】で「OK」ボタンをタップします。

▼【ワークアウト経路追跡】の設定を決めます。このワークアウト設置を有効にすると、屋外のワークアウトの経路や天気を追跡する「位置サービス」が有効になります。

ワークアウト経路追跡

▲【診断】の「自動送信する」もしくは「送信しない」のどちらかを選択します。どちらを選んでも問題ありませんが、僕は「送信しない」を選択しています。

▼【アクティビティ】と【緊急SOS】を設定します。

アクティビティを設定する

▼【共有される設定】と【Apple Watchのパスコード】を設定します。

共有される設定とパスコードを決定

▲通常は4桁のパスコードになりますが、より安全なパスワードを設定したいときは「長いパスコードを追加」を選択することも可能です。

特にパスコードが必要ない場合は「パスコードを追加しない」を選ぶこともできます。

▼最後に利用可能なアプリをインストールすれば、「Apple Watch」の同期設定は完了です。

利用可能なアプリをインストール

今回のポイント

トリゾー

「Apple Watch」を購入してはじめて利用するときは、iPhoneとのペアリング設定が必須となります。

是非参考にしてください。

以上、「Apple Watch」と「iPhone」をペアリングする方法でした。

「Apple Watch」の情報に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Apple Watch ― 名前を変更する方法

2016.09.24
スポンサード リンク