Office for Mac 2016 ― Word・Excelで「非表示モジュール内でコンパイル エラーが発生しました」の解決法

スポンサード リンク

「Office for Mac 2016」の「Word」や「Excel」を起動した時に「非表示モジュール内でコンパイル エラーが発生しました」と表示された時の解決法をご紹介します。

Word/Excel と、「ATOK」を使用すると コンパイルエラーが発生する

「Office for Mac 2016」64ビット版と、日本語入力システム「ATOK」の両方を使用している場合、「JustSystems ATOK アドイン」が競合し、非表示モジュール内のコンパイルエラーが発生することがあります。

非表示モジュール内でコンパイルエラー

▼解決法は以下の通り。まず「Finder」で「option」キーを押しながら「移動」をクリックして「ライブラリ」を開きます。

optionキーを押しながら移動をクリック

Mac ― 「ライブラリ」フォルダを簡単に開く方法

2016.06.25

▼「Group Containers」をクリックします。

Group Containers をクリック

▼「UBF8T346G9.office」フォルダを開きます。

UBF8T346G9.office フォルダをクリック

▼「Startup」フォルダを開きます。

Startupフォルダを開く

▼起動時にコンパイルエラーが出るアプリのフォルダを選択します。

例えば「Excel」を起動した時にだけでコンパイルエラーが発生するときは、Excelのフォルダを開きます。

コンパイルエラーが出るアプリのフォルダを選択

▼最後に「ATOK 2016拡張ツール for Office.xlam」ファイルを削除します。

ATOK 2016拡張ツール for Office.xlam ファイルを削除

上記のファイルを削除すると、コンパイルエラーを防ぐことができますよ。

今回のポイント

トリゾー

「Office for Mac 2016」64ビット版と、日本語入力システム「ATOK」の両方を使用している場合、上記のコンパイルエラーが発生することがあります。

上記のようなコンパイルエラーが発生した時は是非参考にしてください。

以上、「Office for Mac 2016」の「Word」や「Excel」を起動した時に「非表示モジュール内でコンパイル エラーが発生しました」と表示された時の解決法でした。

参考: Office サポート

スポンサード リンク