Mac ― Finder(ファインダー)とはどんな意味?

スポンサード リンク

今回はMacの「Finder」の意味や基本的な機能をご紹介します。

Finder(ファインダー)とは?

「Finder」は、Macのファイルやフォルダを開く、表示する、ウィンドウを開く、フォルダを使う、ファイルを検索する、ファイルを削除する機能をもったアプリケーションです。

Macを起動すると「Finder」も自動的に起動し、システムが終了するまで開いたままになります。

「Finder」のアイコンは「Dock(ドック)」いちばん左側にあります。

「Finder」の主な機能

「Finder」の主な機能は以下の6つに分類されます。

  1. ウィンドウとファイルを開く
  2. ウィンドウでファイルを表示する方法
  3. ウィンドウでサイドバーを使う
  4. フォルダを使う
  5. ファイルを検索する
  6. ファイルを削除する

1.ウィンドウとファイルを開く

Finderでファイルを開く

「Finder」の最も基本的な機能が「ファイルを開く」機能です。「Finder」アイコンをクリックし、ウィンドウに表示された任意のファイルをクリックすると開くことができます。

2.ウィンドウでファイルを表示する方法を変更する

Mac finder5

「Finder」はウィンドウにあるファイルやフォルダの表示方法を変更することが可能です。「Finder」のツールバーにあるアイコンをクリックするだけで、「Cover Flow」表示、リスト表示、アイコン表示、カラム表示に切り替えることができます。

3.ウィンドウでサイドバーを使う

Mac finder6

よく使うフォルダはサイドバーにお気に入り登録することも可能です。任意のフォルダに素早くアクセスすることができます。

4.フォルダを使う

Finderで新規フォルダを作成する

「Finder」は、表示した場所で新規フォルダを作成し、アプリケーションや書類、ダウンロードしたファイル、ミュージック、ピクチャ、ムービーなどのファイルを格納しておくことができます。

5.ファイルを検索する

Finderでファイルを検索する

「Finder」は、Macの中にあるファイルやフォルダを素早く検索することもできます。

6.ファイルを削除する

Finderでファイルを削除する

「Finder」はMacの不要なファイルやフォルダを削除することができます。

今回のポイント

トリゾー

「Finder」はMacのファイルを操作する上で最も基本となるアプリケーションであり、すべての操作の基本となる重要な操作を担っています。

「Finder」の操作をマスターすれば、Macの作業効率も格段にアップしますので、使い方をマスターしておきたいものです。

以上、Macの「Finder(ファインダー)」とはどんな意味?でした。

▼Macの「Finder」に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Mac ― Finder の設定・使い方のまとめ

2016.07.15

参考:Mac の Finder について理解する – Apple サポート

スポンサード リンク