Mac ― アプリを関連ファイルと一緒に削除(アンインストール)する

スポンサード リンク

今回はMacアプリを関連ファイルと一緒に削除(アンインストール)する方法をご紹介。

「ゴミ箱」で不要なアプリを削除しても、関連ファイルが残ったままになってしまいますが「AppCleaner」というフリーソフトを使えば、簡単に関連ファイルもまとめて削除することができますよ。

「AppCleaner」で不要なアプリを関連ファイルと一緒に削除する

やり方は簡単です。まず「AppCleaner」を公式サイトからダウンロードします。

▼つぎに不要なアプリを「AppCleaner」のウィンドウ内にドラッグ&ドロップして「Remove」ボタンをクリックするだけでOK!

不要なアプリを「AppCleaner」のウィンドウにドラッグ&ドロップする

▲たったこれだけの操作で関連ファイルも一緒にまとめてアプリケーションをアンインストールすることができます。

▼また画面右上にあるリストアイコンをクリックすると、アプリ内で不要なアプリを削除することもできます。

「AppCleaner」の検索機能から不要なアプリを選んで削除できる

「SmartDelete」を使うと、ゴミ箱で関連ファイルも一緒に削除

さらに「AppCleaner」は「SmartDelete」という便利な機能しており、ゴミ箱で関連ファイルと一緒にアプリをアンインストールすることができます。

▼やり方は以下の通り。まず「AppCleaner」の「Preferences」をクリックします。

「AppCleaner」の環境設定をクリックする

▼つぎに「SmartDelete」タブをクリックし「ON」を有効にすると、通常ゴミ箱では削除できない関連ファイルもまとめて削除できるようになりますよ。

「SmartDelete」をオンにするとゴミ箱にアプリをドラッグ&ドロップするだけで関連ファイルごと削除できる

今回のポイント

トリゾー

Macにたくさんのアプリをインストールしていると、不要なアプリが出てきて削除したいときがよくありますが、「AppCleaner」を使ってアプリケーションを削除すると関連ファイルも一緒にアンインストールできて便利です。

興味のある方は是非お試しください。

以上、Macアプリを関連ファイルと一緒に削除(アンインストール)するソフトのご紹介でした。

スポンサード リンク