Mac ― ファイルを開くときにいつも同じアプリを起動したい!

スポンサード リンク

ファイルを開こうとした時に、起動したいアプリと別のアプリが起動してしまうことってありませんか?

意図しないアプリケーションが勝手に起動してしまう時は、ファイルの拡張子の関連づけを変更すると解決できますよ。

いつも同じアプリで開きたい!ファイルの拡張子の関連づけを変更しよう!

▼ファイルを開いた時に意図しないアプリが起動してしまった時は、そのファイルを選択し、右クリックでコンテキストメニューを表示させます。続けて「情報を見る」をクリックします。

任意のファイルのコンテキストメニューを表示させ「情報を見る」をクリックする

▼つぎに【このアプリケーションを開く】の項目で、本来起動すべき正しいアプリケーションを選択後「すべてを変更」をクリックします。これですべての設定は完了です。

起動したいアプリを選び拡張子に関連づけて起動するすべてのアプリを変更する

今回のポイント

トリゾー

起動するアプリケーションとそのファイルの拡張子の関連づけを正しく設定すると、この書類にはこのアプリ、あの画像はあのアプリというように、ユーザーの思い通りにアプリケーションを起動することができます。

意図しないアプリケーションが起動してしまうときは、是非設定を変更してみてくださいね。

以上、Macのファイルを開くときにいつも同じアプリを起動する方法でした。

▼Macの「Finder」の情報に興味のある方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

Mac ― Finder の設定・使い方のまとめ

2016.07.15
スポンサード リンク