Mac ― 「Apple ID」の2ステップ確認をオフにする方法

スポンサード リンク

今回はMacで「Apple ID」の「2ステップ認証」をオフにする方法をご紹介。

既に「2ステップ確認」を設定済みのユーザーで、これから「2ファクタ認証」に移行したい時は「2ステップ確認」をオフにする必要があります。

2ステップ認証をオフにしないと2ファクタ認証をオンにできない

Appleは「iOS 9」と「OS X El Capitan」のリリース後より新しい2段階認証である「2ファクタ認証」を導入しました。

それ以前は「2ステップ確認」と呼ばれる2段階認証がありました。両者は似たような名前ですが、全く別物の2段階認証です。

「2ステップ確認」は、SMSや「iPhone を探す」機能を利用できるデバイスで、4桁の確認コードを受信する必要があります。

一方「2ファクタ認証」は「iOS 9」と「OS X El Capitan」をインストールしたiOSデバイスやMacが必要で、受信する確認コードは6桁になっています。

既に「2ステップ認証」を設定済みのユーザーで、「2ファクタ認証」に移行したい時は「2ステップ確認」をオフにする必要があります。

Macで「2ステップ確認」をオフにする方法

▼まずApple公式サイトにある「Apple ID を管理」ページにアクセスし、サインインします。

「Apple ID を管理」ページにアクセスする

▼【セキュリティ】で既に「2ステップ確認」がオンになっていることを確認し、「編集」をクリックします。

編集をクリック

▼つぎに「2ステップ確認を無効にする」をクリックします。

「2ステップ確認を無効にする」をクリック

▼もう一度「2ステップを無効にする」をクリックします。

もう一度「2ステップ確認を無効にする」をクリック

新しいセキュリティ質問と答えを選択します。

新しいセキュリティ質問と答えを選択

▼続けて生年月日を入力します。

生年月日を入力

修復用メールアドレスを確認します。

修復用メールアドレスを確認

▼これで「2ステップ確認」の設定はすべて終了です。無事に設定が完了すると「2ステップ確認がオフにされています」と表示されればOK!

2ステップ確認をオフにする

今回のポイント

トリゾー

「2ステップ確認」を既に設定済みのユーザーで「2ファクタ認証」を導入したい時は「2ステップ認証」をオフにする必要があります。

是非参考にしてください。

以上、Macで「Apple ID」の「2ステップ認証」をオフにする方法でした。

Macの「Apple ID」の情報に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Mac ―「Apple ID」のパスワードを変更する方法

2016.07.16
スポンサード リンク