Mac ― 「メモ.app」に Evernote のノートを読み込む方法

スポンサード リンク

今回は「メモ.app」に Evernote のノートを読み込む方法をご紹介します。

Evernote、料金プラン改定。無料ユーザーの利用端末は2台に制限

Evernoteは、2016年6月29日に料金プランを改定し、無料で利用できる「ベーシックプラン」の利用端末を2台に制限し、有料プランの「プラス」「プレミアム」プランを値上げをすることを正式に発表しました。

Evernote の価格プランの改定について – Evernote日本語版ブログ

今までiPhone、iPad、Mac、ブラウザなどあらゆる端末から自由にアクセスできた「ベーシックプラン」ですが、料金プラン改定から30日間以内に利用端末を2台に調整しなければなりません。

無料で利用してきたユーザーにとっては、非常に大きな縛りとなった料金プラン改定ですが、Evernoteから他のサービス(メモ.app や「OneNote」)に移行を検討しているユーザーも多いと思います。

今回は「Evernote」ノートを「メモ.app」に移行する方法をご紹介します。

「メモ.app」に Evernote のノートを読み込む方法

▼まず「Evernote」を起動し、メニューバーの「ファイル」→「ノートをエクスポート」の順にアクセスし、「Evernote」のノートを書き出します。

Evernote の「ファイル」から「ノートをエクスポート」する

次に「メモ.app」を起動し、メニューバーの「ファイル」→「メモを読み込む」の順にクリックして、先ほど書き出した「Evernote」のノートを読み込みます。

これですべての作業は終了です。「Evernote」のノートを「メモ.app」に読み込ませることができますよ!

今回のポイント

トリゾー

「メモ.app」は「iCloud」の容量があれば、月間アップロード容量や利用端末制限を気にすることなく、メモをストックすることができますよ!

普段からスマホやパソコンをApple製品で統一しているユーザーであれば「Evernote」から「メモ.app」に乗り換えを検討しても良いと思います。

「メモ.app」はテキスト以外にも画像やイラストの保存も可能で、今後もOSのバージョンアップと共に機能が進化していくと思われます。

「Evernote」からの乗り換えを検討している方は是非参考にしてください。

以上、Mac版「メモ.app」にEvernoteのノートを読み込む方法をご紹介しました。

スポンサード リンク