Mac ― 「Pages」で作成した書類を「Word」で開く方法

スポンサード リンク

今回は「Pages」で作成した書類を「Word」で開く方法をご紹介します。

Windows の文書作成アプリといえば「Word」、Mac の場合は「Pages」

PagesPages
価格: ¥2,400(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る


Windows で使える文書作成アプリといえば「Word(ワード)」が有名ですが、Mac には「Pages」という文書作成アプリが用意されています。

「Pages」はとても柔軟性のある文書作成アプリで、「Pages」で作った書類はもちろん、「Word」ファイルを開くことができる優秀なアプリです。

しかし、Macの「Pages」で作った Pages ファイルは、「Word」で開くことはできません。

「Word」で「Pages」ファイルを開くには、「Pages」ファイルを「Word」ファイルに変換して書き出すことで編集できるようになります。

「Pages」ファイルを「Word」ファイルに変換する方法

▼やり方は簡単です。「Pages」を起動し、任意のファイルをメニューバーにある「ファイル」→「書き出す」→「Word」の順にクリックするだけでOK!

Pagesのファイル書き出しでファイル形式をWordにして保存する

これで「Pages」ファイルが「Word」の .doc ファイルに変換され、Windows の「Word」でも文書の編集ができますよ!

今回のポイント

トリゾー

Macで文書作成をするときに「Pages」と「Word」の両方を使って編集することもあると思いますが、今回ご紹介した方法を使えばどちらのアプリを使っても文書作成ができますよ!

是非参考にしてください!

以上、Mac の「Pages」で作成した書類を「Word」で開く方法でした。

スポンサード リンク