Mac ―「iCloud」の空き容量を増やす方法

スポンサード リンク

今回はMacの「iCloud」の空き容量を増やす方法をご紹介。

「iCloud」同期に対応したアプリを使っていると、気づかないうちにどんどん「iCloud」のストレージ容量を消費してしまいますが、あまり使用していないアプリを「iCloud」から無効化して削除すると空き容量を増やすことができます。

「iCloud」の空きストレージ容量を増やす方法

▼やり方は簡単です。まずメニューバーのAppleマーク→「システム環境設定」の順にクリックします。

システム環境設定をクリックする

▼「iCloud」アイコンをクリックします。

iCloudをクリックする

▼画面右下にある「管理」ボタンをクリックします。

管理ボタンをクリックする

▼左サイドバー【ストレージを管理】に並んだアプリに、iCloudで使用中のファイル容量が表示されています。

左サイドバーにある

▲あとは「iCloud」から削除しても良いアプリを選び、「無効化して削除」ボタンをクリックすると「iCloud」の空き容量を増やすことができますよ。

今回のポイント

トリゾー

「iCloud」を無料の5GBプランで利用している方であれば、写真や動画などのファイルが蓄積すると、すぐに「iCloud」のストレージ容量が上限いっぱいになってしまいますので、時々「iCloud」のファイルを整理してみると良いですよ!

以上、Macの「iCloud」の空き容量を増やす方法でした。

「iCloud」に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Mac ― 購入したアプリを「ファミリー共有」で家族がダウンロードする方法

2016.07.05
スポンサード リンク