Mac ― Finder(ファインダー)でファイル名拡張子を表示/隠す方法

スポンサード リンク

今回はMacの「Finder(ファインダー)」でファイル名拡張子を表示したり、隠す方法をご紹介します。

ファイル名拡張子とは?

「ファイル名拡張子」とは、ファイルの種類を区別するための文字列のことです。例えば「ファイル名.xyz」であればドットの後ろにある「xyz」の部分がファイル名拡張子になります。

Finderでファイル名拡張子を表示/隠す方法

▼やり方は簡単です。まずメニューバーにある「Finder」>「環境設定」>「詳細」タブの順にクリックし、「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。

Finderの詳細タブを選択する

▼すると、こんな感じでファイル名のあとに拡張子を表示することが可能となります。

ファイル名拡張子を表示/隠す

▲一方、ファイル名拡張子を非表示にしたい時は、先ほどの「すべてのファイル名拡張子を表示」のチェックを外せばOKです。

今回のポイント

トリゾー
ファイル名拡張子を隠したままだと、そのファイルがどんな種類なのかひと目で判断できないことがあります。
例えば、拡張子を隠した状態の画像の場合、その画像がJPEGなのかPNGなのかは見た目だけでは判断できないことがあるため、可能な限りファイル名拡張子は常に表示させておくと便利ですよ。

以上、Macの「Finder(ファインダー)」でファイル名の拡張子を表示・隠す方法でした。

▼Macの「Finder」の情報に興味のある方は、こちらの記事もおすすめです。

Mac ― Finder の設定・使い方のまとめ

2016.07.15
スポンサード リンク