Mac ― 画像の拡張子を一括変更する方法

スポンサード リンク

Macアプリ「Automator」を使って、画像の拡張子を一括変更する方法をご紹介します。

画像の拡張子を一括変換できる「自動化レシピ」を作成する

▼やり方は簡単です。まず「アプリケーション」フォルダをクリックし、「Automator」を起動します。

サービスを選択

▲【書類の種類を選択してください】から「サービス」を選択します。

▼以下の手順で作業を進めます。

イメージのタイプを変更をウィンドウ内にドラッグアンドドロップ

  1. 【サービスは、次の選択項目を受け取る】→「イメージファイル」、【検索対象】→「Finder.app
  2. アクションの検索フィールドに「イメージ」を入力する。
  3. イメージのタイプを変更」をウィンドウ内にドラッグ&ドロップする

▼「Automator」で画像の拡張子を一括変更後、元のオリジナルファイルを残すかどうかを決定します。

オリジナル画像を残すかどうか決定する

オリジナルファイルを残す場合は「追加」、オリジナルファイルを上書きする場合は「追加しない」をクリックします。

▼【イメージのタイプを変更】の拡張子を変更します。

変更後のタイプを選択

▼例として、ここでは画像の拡張子を「JPEG」に一括変更するワークフローを作成してみます。

画像の拡張子を決定する

▼メニューバーの「ファイル」→「保存」の順にクリックします。

保存ボタンをクリック

▼「サービスの名前」を付けて「保存」ボタンをクリックします(ここではわかりやすいように「JPEG変換」と名前を付けています)。以上ですべての設定は完了です。

サービス名を決定して保存

▼あとは実際に画像の拡張子一括変換を試してみましょう。

右クリックのコンテキストメニューから画像の拡張子変換ワークフローを選択

▲任意の画像を選択し、右クリックでコンテキストメニューを表示します。続けて「JPEG変換」をクリックすると、簡単に画像の拡張子を変換することができますよ。

今回のポイント

トリゾー

「Automator」を使えば、サードパーティー製のMacアプリを使用しなくても、簡単かつスピーディーに画像の拡張子を一括変換することができるので、とても便利ですよ!是非参考にしてください。

以上、Macアプリ「Automator」を使って、画像の拡張子を一括変更する方法でした。

スポンサード リンク