Mac ― 「ライブラリ」フォルダを簡単に開く方法

スポンサード リンク

今回はMacのライブラリ(Library)フォルダを表示させる方法をご紹介。

「OS X El Capitan」ではデフォルトで「ライブラリ」フォルダを表示することはできませんが、「Finder」や「ターミナル.app」を使えば簡単に「ライブラリ」フォルダにアクセスすることができます。

Finderの「移動」+「option」キーで「ライブラリ」フォルダを表示

▼やり方は簡単です。メニューバーに「Finder」を表示させた状態で、キーボードの「option」キーを押しながら「移動」をクリックするだけでOK!

optionキーを押しながら移動をクリックするとライブラリフォルダを表示できる

▲「ライブラリ」の項目が表示されるので、それをクリックすると「ライブラリ」フォルダを表示させることができますよ!

現状ではこの方法が最も簡単に「ライブラリ」フォルダを表示させる方法です。

Finderの「フォルダへ移動」で「ライブラリ」フォルダを表示

▼「Finder」を使って「ライブラリ」フォルダにアクセスする方法がもう一つあります。先ほどの方法よりも少し手間がかかりますが、メニューバーにあるFinderの「移動」→「フォルダへ移動」の順にクリックします。

Finderの「フォルダへ移動」にアクセスする

【フォルダの場所を入力】で「~/ライブラリ/」と入力すると「ライブラリ」フォルダを表示させることができます。

【フォルダの場所を入力】で入力する「~/ライブラリ/」の”ライブラリ”は日本語のままでも問題なく表示させることができます。
「フォルダの場所を入力」で 「~/ライブラリ/」と入力する

「ターミナル.app」を使って「ライブラリ」フォルダを表示する方法

ライブラリ」フォルダを常に表示させたい時は「ターミナル.app」を使用します。以下のように入力すると常に表示させることができます。

ちなみに「ライブラリ」フォルダを非表示にしたい時は以下のように入力します。

今回のポイント

トリゾー
「ライブラリ」フォルダには「Application Support」をはじめ、様々なフォルダが格納されていますが、すぐに「ライブラリ」フォルダにアクセスしたいときは上記の方法を参考にしてください。

ちなみに「OS X Mavericks」以降のバージョンでは、「Finder」の「表示オプション」から「ライブラリフォルダを表示」機を利用することができましたが、「OS X El Capitan」では使用できなくなっていますのでご注意ください。

以上、Macのライブラリ(Library)フォルダを表示させる方法でした。

▼Macの「Finder」の情報に興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

Mac ― Finder の設定・使い方のまとめ

2016.07.15
スポンサード リンク